病院研修、看護研修・セミナーを主催する(有)ナーシングサポートセンターすばる

(有)ナーシングサポートセンター すばる

BLOG

研修案内)看護の記録、看護過程  於:東京

コメディカルアカデミー株式会社にて、研修を実施します。

 

約35年間、臨床現場の看護師の教育に関わってきたからこそ、見える課題があります。

看護記録の研修についての希望で、「看護記録が書けるようになりたい」という声を耳にします。

 

記録の書き方を知りたいということは、看護のプロセスより、方法論に目がいっているのです。

実際の看護の中身がなければ、どんな方法を使っても書く内容がありません。

「実際に行った看護がなければ記録は書けませんよ」というと、10回の研修を終えた受講者は「私看護してなかった」と気づいてくれました。

研修の開始時に「看護するとはどういうことですか?」の質問に、「診療の補助です」「クリニカルパスで看護しているから看護計画などは立てなくていいんです」等の言葉が聞かれました。“看護独自の介入”をしているようには聞こえません。クリニカルパスは、スケジュール表ですから。

 

研修は、個別の看護を看護過程にそって展開します。その結果、患者の問題の解決に看護師が成果を出すことができます。

看護過程をする上で、アセスメントが重要ですが、そのためにはコミュニケーションスキルやクリティカルシンキング、論理的思考が基本にないと一連の過程ができません。短い時間ですが、その点も踏まえ、今の医療や福祉の方向性のなかで看護が何をすべきかを考えていきます。

 

研修)個別性のある看護診断と計画が看護の質を高める

ー患者の問題解決のための看護実践がなければ充実した看護記録は書けないー

研修日時  2019年7月13日(土)10:00~16:00

      2019年7月14日(日)10:00~13:00

会場    コメディカルアカデミー株式会社

 

詳細については、コメディカルアカデミー株式会社のホームページをご覧ください。


ページトップへ

お問い合わせ

メールでのお問い合せはこちら

tel. 097-532-0215
電話受付:10時00分~17時00分
休日:土・日・祝日、お盆、正月

電話をかける