病院研修、看護研修・セミナーを主催する(有)ナーシングサポートセンターすばる

(有)ナーシングサポートセンター すばる

BLOG

看護の成果を出す看護師を育てるー2 現状はご自分が受けたい看護ですか?

10月のクローズアップ現代で、病院で増え続ける身体拘束について取り上げていました。

反響が大きかったのか、後日クローズアップ現代で、身体拘束をやめた病院の職員と身体拘束の必要性を訴える看護師が意見を言っていました。看護師たちは、身体拘束が必要な理由を、事故につながる、家族が希望するなどと身体拘束の正当性を主張していました。

 身体拘束の必要性を訴える看護師の一人が、身体拘束廃止に取り組む病院の研修に参加していました。2時間ベッドに括り付けられて、初めて自分たちがどんなひどいことをしてたのか、身体拘束はすべきでないと考えが変わっていく様子が映像を通して伝わってきました。

 看護サービスは、患者主体で看護を提供することです。しかし現場では、看護師主体の看護業務を優先している状況があります。「起床時の口腔内はうんこ10g分の細菌がいるけれど、忙しいからできない。歯科衛生士に任せている」と。環境整備、患者カンファレンスは時間がないからしなくなったなど、看護の専門性を発揮しているのか疑問です。

 また患者は看護師に言っても無駄だから、看護師には言わないようになってしまった。コミュニケーションスキルを学んだ看護師が、一生懸命コミュニケーションをとろうとすると、「患者さんが私を見ると自ら話しかけてくれるようになった」「今までの患者さんとは別人のようになり、自分も患者さんの望みを聞いてその方向になるように働きかけた。看護のやりがいを感じた」と。

(患者主体の)看護サービスを提供し、成果として患者満足度を見るという看護の質を評価するシステムは機能しているのでしょうか?

パンフレット 2面 看護実践の現状は、ご自身が受けたい看護ですか?

 

 


ページトップへ

お問い合わせ

メールでのお問い合せはこちら

tel. 097-532-0215
電話受付:10時00分~17時00分
休日:土・日・祝日、お盆、正月

電話をかける