病院研修、看護研修・セミナーを主催する(有)ナーシングサポートセンターすばる

(有)ナーシングサポートセンター すばる

病院研修メニュー

病院研修

研修内容のご紹介

研修はしたが、成果につながらないのはなぜ?
  • 1つ目は、研修の対象が絞れてなく、到達のレベルが曖昧になっている
  • 2つ目は、現場に戻っても日々の業務に紛れて、得た知識を活かす機会を失ってしまう
  • 3つ目は、自分の中で研修の目的や動機がはっきりしないまま受講している

対象や人数を絞り込むことにより、できるだけ受講者のニーズに即した研修を行います。
対象別では、それぞれの職位の到達レベルを示しています。例えば、看護師であれば、看護過程・看護記録を主に研修を計画しますが、リーダー業務をする頃になるとリーダーシップの研修を計画します。研修は対象を絞り、どのような内容にするか、回数は何回すればよいかなど、対象や到達度によって内容も変わってきます。詳細については、病院と事前打ち合わせをさせていただきます。
研修はより実践に活かせるように、演習や具体例を示しながら、進めていきます。

対象者別(職位の到達レベルの例)

看護師

  • 個別の看護過程に基づいて、看護実践を行う。
  • 看護記録を基本に沿って書く。
  • それぞれの立場における管理的業務を理解し、行動する。

  • 「情報収集・アセスメント力を磨く」
  • 「看護過程と看護記録」
  • 「リーダーシップ」
  • 「コミュニケーションスキル」 など
  • 看護師セミナーなど

主任、副看護師長

  • ロールモデルとなる。
  • 指導者として後輩の指導に積極的に関わる。
  • 管理的視点に立ち、看護師長不在時は看護師長代行業務を実行する。

看護師長

  • マネジメント力を高め、効果的効率的な組織運営をする。
  • 所属部署で看護過程を定着させ、患者の回復や生活援助に主体的に関わる看護を実践する。
  • OJTで人材を育成する。
  • 医療や看護の変化に応じた組織を作るため、組織文化を変革していく。

看護部長、副看護部長

  • 看護の基本である看護過程を軸に看護をマネジメントし、看護部として成果を出す。
  • 病院組織において、看護師としての能力を発揮し看護部の存在価値を高める。

内容別の例

看護過程・看護記録

患者の回復を援け、生活援助のために能動的に看護を提供していく看護師を育成します。
受講者が意図的な情報収集でアセスメント能力を上げ、看護が主体的に解決すべき看護問題・看護診断を明確にして、
計画の実践に取り組むようにします。またその実践を看護記録に残すようにします。
さらに研修内容によっては、指導者の育成に取り組みます。
例に研修計画をお示していますが、ご希望により個別の研修計画をご提案させていただきます。

リーダーシップ・マネジメント

組織内の立場に応じたリーダーシップ発揮のための方法を学びます。また職位に応じて果たす管理の基本を学びます。
さらに研修内容によっては、チームの問題解決に主体的に取り組む演習等も行います。
例に研修計画をお示していますが、ご希望により個別の研修計画をご提案させていただきます。

実際に研修を受けたみなさんがどのような思い・変化があったのか?
直筆で感想をいただきましたので、ぜひご覧ください。

研修を受けた方の声 >
ページトップへ

お問い合わせ

メールでのお問い合せはこちら

tel. 097-532-0215
電話受付:10時00分~17時00分
休日:土・日・祝日、お盆、正月

電話をかける