病院研修、看護研修・セミナーを主催する(有)ナーシングサポートセンターすばる

(有)ナーシングサポートセンター すばる

病院研修メニュー

病院研修

看護の現状と求める人財

変わりゆく看護
育てたい、「考えて、行動する看護師」

医療を取り巻く環境は、少子高齢社会、医療費の高騰、医師不足等の問題を抱えており、病院にも取り組むべき課題が増加しています。病院では、クリニカルパスの導入、在院日数の短縮、カルテの電子化、特定行為を行う看護師の導入等が行われています。一方で厚生労働省は国民の医療・介護の需要増加を視野に入れ、2025年までに増加する高齢者を地域で支える「地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)」の構築を推進しています。

このような状況から看護師としては、病院利用者を入院や外来の点でみるのではなく、その人の生活全体に関わっていく必要があります。看護の基本は、患者の自然治癒力を高めて回復過程を支援すること、そして基本的ニードを満たすように生活援助をすることにあります。

しかしながら急性期の病院では、看護師は医師の指示のもと治療、検査や処置に多くの時間を費やしており、「看護は“診療の補助”をすること」と発言する看護師もいます。看護が目指すところは、それぞれの患者の生活上の問題を看護師が患者とともに解決していくことです。そのため看護師には、アセスメント、看護診断、計画、実践、評価を日々の中で行い、患者の回復過程をたすけ生活の援助をすること、そして自宅で病気が悪化することなく生活していけるよう援助することが求められているのです。

求める人材(財)

看護部組織にとって必要な人は、『考えて、行動する人』です。看護の専門性を十分に発揮し主体的に行動することは当然ですが、組織の改善や変革には、今までの延長線上のデカルト思考ではなく、ブレイクスルー思考のできる人が求められます。そして、「無理」といって現状にとどまるのではなく、「やってみよう」と自ら率先して行動し、チームを鼓舞できる人です。

病院の「看護の質」を高めるためには、看護師や看護管理者一人ひとりの能力を向上させる、
『考えて、行動する人』を育成する研修を行うことが必要です。

研修の目的と特徴 >
ページトップへ

お問い合わせ

メールでのお問い合せはこちら

tel. 097-532-0215
電話受付:10時00分~17時00分
休日:土・日・祝日、お盆、正月

電話をかける