病院研修、看護研修・セミナーを主催する(有)ナーシングサポートセンターすばる

(有)ナーシングサポートセンター すばる

看護セミナーメニュー

看護セミナー

看護部長セミナー概要

テーマ:看護の評価は、看護部長のマネジメントで決まる

*対象:副看護部長、看護部長
*時間:10:00~16:00 (5時間)
*募集人員:8人 (1人から開講)

研修のねらい

看護部長は、看護部組織のトップであるとともに病院長を補佐する役割もあります。医療の質、看護の質を高めていくには、看護部長のマネジメント能力や看護師の能力開発をして看護の成果を出していくことが求められます。常に、医療制度の変化や看護の動向に注目し、現状に合ったように組織を運営していく必要があります。それには、病院・看護部の問題を解決しつつ、改善や変革への取り組みを日常的にしていかなくてはなりません。   
さらに看護部長は、組織内だけではなく外部と関係する仕事もあり、効率の良い仕事をして成果をだすことの積み重ねでもあります。その中で組織では看護部のトップとして最終決定する立場でもあります。セミナーでは、自分のマネジメントの振り返りと活動の方向性の整理ができ、違う角度から管理者の気づきが得られるでしょう。

研修内容

部1011
「患者の問題解決」と「看護師のやりがい創出」の組織を作る看護部長のマネジメント
・マネジメントは成果を出すこと
・看護師の成果:看護の質保証で患者が感動,看護師のやりがい創出で看護師満足
・看護師の社会的責任と守るべき法律等
・役割を発揮するマネジメントとリーダーシップ
部1012
未来志向で組織を運営する看護部長の果たす役割と実践
・理念を掲げ,ブレークスルー思考でビジョンを描く
・ビジョン達成のための計画
・ビジョン達成のための組織を構築
  組織デザイン
・組織運営の方法
  職務規程,業務分掌,委員会活動,報告,会議での意思決定
部1013
看護師全員が患者に安全で適切な看護を「確実に」提供するための仕組みつくり(基準,教育,組織運営)
・安全で良質な看護はどんな看護を提供すればよいか(根拠に基づいた看護過程)
・基準の必要性
・基準をだれもが実践できるようにする教育
・基準が活かせる仕組み作り:「いつ,だれが,何をするのか」がわかり,必ず実践する仕組み
 (人員確保含む)
部1014
看護師のやる気につながる教育の考え方と構築
・継続教育の努力義務化
・なぜ現場で教育は必要なのか
・看護部全体の教育の考え方と評価
  病院看護部に必要な人材(ビジョン達成するための人材)養成
  ラダー別研修(看護ケア提供者としての研修,組織人としての研修),
  管理者教育
  教育評価
・集合教育と現場で行う教育(OJT)
・教育計画の立案と予算
・予算交渉
・院内でできる研修と外部研修
部1015
「依存から自律へ,そして学習する組織へ」と組織文化の醸成
・組織文化は看護部長が造る
・看護師にとっての仕事の意味を見直す
・現状は?ぶら下がり人材急増中
・Fish
・80対20の法則
・やる気を高める
  ビジョンを語る
  あなたと看護師とのコミュニケーション
  管理者との対話
・考えて行動する看護師へ 
部1016
看護部を発展させるために,看護部長が取り組む組織改善・変革の方法
・リーダーシップの取り方
  今年度の目標,目標達成のための組織構築および運営(看護師長会,委員会等)
・年度目標の立案
  理念,ビジョン,前年度の評価,世の中の動き,病院の状況等から検討
  改善・変革への取り組むための思考過程と知識
  最終的に何ができるか(患者にとって,看護師職員にとってのメリットは何か)
   - 看護実践の方法,仕組み,組織改変,基準等文書
・計画立案と実践
  責任者はだれか,どのようなメンバー構成にするか
  報告はいつするか,いつまでに達成させるか
  仲間を増やす,小さい成功を重ねる(抵抗勢力に対する対応)
・評価
  目標の達成度(患者にとってのメリットは?看護師にとってのメリットは?)

セミナー開催日程

看護セミナーは、1回毎に申し込むことができます。関連したテーマで2回連続(土・日曜日)の組み立てになっていますので、2回続けて受講するとさらに理解を深められるでしょう。
セミナー会場は、“有限会社ナーシングサポートセンターすばる”です。
少人数制のためセミナーが開催できなくなる場合がありますので、キャンセルする場合はお早めにご連絡下さい。他の受講希望者にもご迷惑をおかけすることになりますので、ご協力をお願い致します。

内容のお問い合わせやキャンセルについてはこちら

セミナーの予定はありません。

ページトップへ

お問い合わせ

メールでのお問い合せはこちら

tel. 097-532-0215
電話受付:10時00分~17時00分
休日:土・日・祝日、お盆、正月

電話をかける