病院研修、看護研修・セミナーを主催する(有)ナーシングサポートセンターすばる

(有)ナーシングサポートセンター すばる

看護セミナーメニュー

看護セミナー

看護セミナーを受けた方の声

(管理者記録)

記録は,実践した看護の記録とありました。又,根拠と患者の反応を書くべきという先生の講義は理解できました。今まで受けた研修では,一番頭を使ったのでは・・・と思います。

(管理者記録)

 研修を受けて,看護過程や看護診断など,わかったつもりでわかっていないことが多いことに気付いた。まずは勉強しなおして,目標達成に近づきたい。

 

 まずは行動が必要であること!研修で学び,学んだことを活かすために,どうアクションを起こすのか,研修中に考えておくことの大切さ。

双方向のコミュニケーションには確認が大事。

(管理者記録)

クリティカルシンキングの力をつけることが記録の充実に結び付けるのには必要であり,1.2度の記録の勉強会で改善できることができない。継続的な学習システムの体制を作り,そのことに賛同する仲間,チーム力作りを行わなければ,改善できないと感じた。

(管理者記録)

 2日間ありがとうございました。ロールプレイ等,講義だけでは理解するまでに不十分(わかる程度のレベル)だったのですが。実際の記録を通しての学習は,良い点,課題が明確になりました。

 

 

 

(管理者記録セミナー受講者)

2日間ありがとうございました。

今までの記憶を探しながら,聞きました。演習をさせていただいたことで,相手の立場を考える機会となりました。コミュニケーションの取り方も,スタッフへ,患者へ,対象に応じてできるように考えていきたいです。まず,自分自身が考える人にならないといけません。

 

 

(主任研修3回受講者)

意見を持つこと,他の人と会話する時も,なるべくわかりやすく,伝わりやすい言葉で話し,話を聞くようにもなりました。

看護ケアの見直しをし,本当にあっているかどうか相談,考えることが増えました。

(主任研修3回受講者)

3回通じて何度も大切なところは,教えていただいたので,内容は難しいところも,自分でもっと勉強しようと思いました。

(主任研修3回受講者)

変化はまだあまり感じないですが,今年の評価の時には,昨年よりもっと具体的な評価ができそうです。

(主任研修3回受講者)

自分の立場,組織の立場で自分のやるべきことが見えてきた

(主任研修3回受講者)

視野が広がり,部署の全体を見るようになった。

(主任研修3回受講者)

一番は自分の考え方が変わった。師長からの指示待ちの部分が多かったので,意見を言い合ったり,別視点の考え方が増えた。行動の変化は後々,他人に伝わっていくことだと思う。

(主任研修3回受講者)

副師長の役割や行動の整理ができました。自分自身の傾向や振り返りの場となり,これからは 理想の看護師像やビジョンをもってより良いものを作っていきたいと思いました。

今日の研修を受講し、管理について盛りだくさんの項目があることを改めて感じました。

私自身、時間管理が苦手な方なので、マトリックスを参考に行動していたつもりですが、まだまだ学ぶ事が多く、学び続けたいと思います。

メモはとっていましたが、ふかんふかんできていなかったと思います。活用します。

ありがとうございます。「看護の事を考えていますか?」という先生の言葉をかみしめています。

看護管理というテーマで、まさに困っていたので、研修に参加できて頭の中を整理し、明日からの取り組みについて、具体的な課題も見えました。

副部長2年目。多くの課題があり、どれから手をつけていくか…日々の課題も出てきますが、自分の時間管理を行い前向きな管理をしたいと感じました。

自分の考え、ビジョンを正確に伝える大切さを認識しています。

“看護の質”について大切にしたいと日々思っていることでした。ありがとうございます。

3年前に、認定看護管理者研修(セロンドレベル)を受講しましたが、看護部長として(看護師長兼任)マネージメントに行き詰っていました。

「やりたいこと」「すべきこと」「できること」の整理がつかなくて、とりあえず、ひとつひとつクリアしていく状況でした。

もう一度、自分の役割を見直し、その目標設定をすること、スケジューリングをすることから始めたいと思います。

日々の多忙な時間から解放されて、自分の頭の中を整理するのに、とても有意義な時間でした。

管理者としての自分を振りかえるよい機会となりました。

ありがとうございました。

得丸先生のお話を聞いて、「今の看護が何かちがう、大切な物を見失う状況に落ちいっている」私もそう思う所があります。

記録やその他の事も大切たが患者が置きざりにならないように看護師の育成が大切だと思いました。

目標とする看護師像、具体的な人物が私には不足しています。得丸先生の人柄がステキだと思います。

本当にありがとうございました。

参考になる資料がたくさんあり研修に内容に満足しています。

副部長となり2年目です。

総務を担当し、物事をすすめる段どり、どんな報告が必要なのか、わからず、時間管理ができていないこと、報告、相談も十分でないことに今、悩んでいます。

今日のセミナーで具体的に理解でき、何をすべきなのか、みえてきたような気がします。

ありがとうございました。実践します。

日々、悩みながら管理業務を行っています。

自分自身、意思決定していく場面において迷うこともあります。

本当にそれで良いのだろうか…と考えつつ、検討した結論で進めていきますがしっかりとビジョンをかかげていく、理想像を描きしっかり問題解決にむけてとりくんでいきたいです。

たくさんの内容の再確認が出来ました。

一日でのレクチャーでは当然、時間が足りない程のボリュームだったと思います。

民間の病院だと、ほとんど外部研修になり、何日も出張するわけにいかず、今日の資料はピンポイントで大切な物ばかりだったので助かりました。

師長と他の管理者との役割り分担が自分よりに明確化した。

目標管理のマネージメント方法がわかった。自分のビジョンが伝わっているか否かが振りかえられる時間を得た。

・看護基準、手順の見直しを常に最新情報、知識をふまえて改善してスタッフの教育、評価をしていく仕組みを作る。

・会議の効率化を考え事前準備をして意義のある会議にする。

・時間管理をしっかり行っている。

・院内ラウンドを具体的な目的を持って行なっていく。

・看護計画の立案、実施評価が出来る様に看護過程の教育を考える。

多くの事を学ぶことが出来ました。ありがとうございました。

マネージャーとしての役割がわかりました。仕組み作りに明日から取りくんでいこうと思います。

「やってくれない」と思う前に「やれる仕組み作り」が必要だとわかりました。

また看護の質を保証することが大切で、そのためには人材育成が重要だということ、

これができていなければ被害を受けるのは患者さんということがわかりました。

今日の学びを明日から実施していきたいです。

曖昧だった部分もわかって、スッキリしました。ありがとうございました。

自分も成長し部下を育てる難しさを改めて感じました。
常に変革を考えて自立した部下育成に向けて一つずつ目的を明確にして頑張りたいと思いました。

看ゴは患者中心の看ゴであるべきです。

患者のその人らしさを大切にして支えあえ、学習する組織(病棟)にしたいです。

先生のおっしゃる事はただ1つ、「ナースはがんばってアクションをおこしましょう。」という事だったと思う。

それこそが全ての看護問題を解決する糸口になるという事をしっかり頭にたたき込めた。

意識改革が必要であるという事を教えていただき、今回とても大きな収穫となった。

ありがとうございました。

看護記録とはいう事だけではなく、看護とは、看護師の果たすべき役割とはという所でいつの間にか自分が見失っていた大切な事に気付くことができました。

まずは自分から変わりたいと思います。

そしてチームへつなげていきたいと思います。

2日間ありがとうございました。

時間の経過がわからないほど引き込まれる講義でした。

共同問題を看護として取りあげなかったとの言葉にはびっくりしました。

仕事復帰2ヶ月目の私には、たいへん大きな刺激でした。

「寝たきり」ではなく「寝かせきり」の言葉を聞き“療養上の世話”を頑張ろうと思います。

2日間ありがとうございました。

看護過程、SOAPについて、電子カルテになり、記録内容・看護計画に個別性がなく今回の研修を受け、患者に何が問題なのか何が必要なのか考えることができました。

今回、記録委員となり、委員会も最近できたばかりなので、基準を作成していきたいと思います。

ありがとうございました。

「看護とは」という点から、新ためて、学ぶことができたことは、これからの指導に生かしていけると思います。

今の現場は先生がおしゃったように看護がない状態と私自身も実感しています。そこを何とかしたいと考えています。

スタッフは日々、忙しくつかれています。しかし、看護がありません。看護があっても記録に残っていません。今回の学びを現場で生かしていこうと思います。

2日間ありがとうございました。

個別にあった看護計画をと思いつつ、なかなか計画を上げず、ルーチン的な看護計画、記録といったものなので、この講義をきっかけに、意識改革をしていきたいと思います。

「患者にプラスになる看護」ということを、つねに心がけて、計画、記録をしていきたいと思います。今回、受講して良かったと思いました。

ありがとうございました。

資料も大変わかりやすく、今後自院でも活用していきたいと思います。

看護記録に対して、深い内容だったので、今までの記録を振り返ると大変はずかしい内容でした。

今年度から記録委員として活動をはじめますが、何からスタートしていいのか戸惑っていましたが、まずは、自院の基準になるものから作成し実践することが大切と感じました。

自分の病院で行っていることの不十分さに気づくことができました。

久し振りに長い講義だったので、集中して学ぶことができるかどうか不安でしたが、演習もあり、あっという間の2日間でした。

ありがとうございました。

ページトップへ

お問い合わせ

メールでのお問い合せはこちら

tel. 097-532-0215
電話受付:10時00分~17時00分
休日:土・日・祝日、お盆、正月

電話をかける